• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

書籍「代表作でわかる印象派BOX」

¥2,200

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「bijutsu.co.jp」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「bijutsu.co.jp」を許可するように設定してください。

サイズ:15×15×2㎝
著者:冨田章
出版社:講談社
単行本(ページ):239ページ


小さな印象派事典
--------------------------------------------------------
マネ、モネ、ルノワール、セザンヌ、ゴッホ、スーラ……
印象派とその周辺画家32人の作品150点をやさしく解説。
画家の生涯や、人物相関も紹介しているので、より深く印象派を理解することができます。
「なぜ印象派はこんなにも人気があるの?」
「どんなグループでどんな絵を描いたの?」
そんな疑問にも、わかりやすく答えています。

毎年必ず開催され、多くの人たちの目を楽しませてくれる印象派展。
本書は、展覧会の予習・復習にもぴったりの一冊です。


ミュージアムショップスタッフ【ムライ】オススメ
--------------------------------------------------------
「まさに小さな美術館」

文庫本よりは大きいけれど、両手で持ってもそれほど重さを感じないこのサイズで印象派の図鑑が見られるのは嬉しいポイント。
パラパラとめくるだけでも楽しい一冊になっています。
眺めているとその表現の幅に、一言で「印象派」と言ってもこんなにあるのだと驚かされました。

面白いと感じたのは冒頭にある印象派MAP。
ゴッホの住居の近くにはドガやゴーガンのアトリエがあり、ルノワールが描いた「ムーランドギャレット」の舞台となったギャレット(ガレット)の風車の名を持つダンスホールも近くにあるなど当時の様子を伺うことが出来ます。

また「ポスト印象派」「印象派」「世界の印象派」などセクションごとに解説が入っているので理解しやすく、ゴッホとゴーガンなど関係の深い人物は近いページに載っている部分も覚えやすいので勉強にも役立つかもしれません。
イラストで描かれた画家が言っているセリフも、的を射てクスッと笑える部分もあり、飽きずに読み進められました。

美術検定や学校で学んでいる人にも、おすすめしたい一冊です。


目次
--------------------------------------------------------
印象派Q&A そもそも「印象派」って何でしょう?
印象派人物相関図
印象派MAP

Part1 先駆者たち
コロー、ミレー、クールベ、マネ 他

Part2 印象派
モネ、ルノワール、ピサロ、ドガ、シスレー、モリゾ 他

Part3 ポスト印象派
スーラ、セザンヌ、ゴーガン、ゴッホ

Part4 世界の印象派
サージェント、セガンティーニ、ホドラー、黒田清輝、児島虎次郎 他


著者
--------------------------------------------------------
冨田 章

美術史家。東京ステーションギャラリー館長。1958年、新潟県生まれ。慶應義塾大学、成城大学大学院卒業。財団法人そごう美術館、サントリーミュージアム[天保山]を経て、現職。専門はフランス、ベルギー、日本の近代美術史。
著書に『偽装された自画像』(祥伝社)、『ビアズリー怪奇幻想名品集』(東京美術)、『魅惑のベルギー美術』(神戸新聞総合出版センター)、訳書に『クリムト』、『ゴーガン』『ゴッホの手紙─絵と魂の日記』(以上、西村書店)などがある。


印象派の始まりは酷評!?
--------------------------------------------------------
アート好きなら知らない人はいない(!?)「印象派」。
その名前は、モネの代表作「印象・日の出」(1872)に由来すると言われています。

サロンに落選していたモネは、独立した自由な発表の場を求め、自らの手で展覧会を開こうと模索したのが始まりでした。
1874年、モネが同じ志の仲間たちと開催したその展覧会こそが、のちの第一回印象派展となるグループ展。
モネのほかに、ドガ、ピサロ、ルノワール、シスレーなど30人以上の画家が参加しました。

モネは、故郷ル・アーヴルの港を描いた「印象・日の出」を出品しましたが、当時写実主義が高く評価されていた時代、その異端な作品は酷評されてしまいました。

―――批評家のルイ・ルロワが、新聞紙『ル・シャリヴァリ』に載せた言葉。

「印象か。確かにそうだと思った。私も印象を受けたんだから。つまり、その印象が描かれているというわけか。だが、なんて自由で、なんといういいかげんさ。この海の絵よりも作りかけの壁紙の方が、よっぽどましだ。」

その揶揄がもとで、彼らは「印象派」と呼ばれるようになりましたが、その呼称はいつしか受け入れられ、画家たち自身も使うようになりました。

※この商品は最短で10月28日(木)頃にお届けします。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 ¥750
    • 東北

      • 青森県 ¥640
      • 岩手県 ¥640
      • 宮城県 ¥640
      • 秋田県 ¥640
      • 山形県 ¥640
      • 福島県 ¥640
    • 関東

      • 茨城県 ¥640
      • 栃木県 ¥640
      • 群馬県 ¥640
      • 埼玉県 ¥640
      • 千葉県 ¥640
      • 東京都 ¥640
      • 神奈川県 ¥640
      • 山梨県 ¥640
    • 信越

      • 新潟県 ¥640
      • 長野県 ¥640
    • 北陸

      • 富山県 ¥640
      • 石川県 ¥640
      • 福井県 ¥640
    • 東海

      • 岐阜県 ¥640
      • 静岡県 ¥640
      • 愛知県 ¥640
      • 三重県 ¥640
    • 近畿

      • 滋賀県 ¥640
      • 京都府 ¥640
      • 大阪府 ¥640
      • 兵庫県 ¥640
      • 奈良県 ¥640
      • 和歌山県 ¥640
    • 中国

      • 鳥取県 ¥740
      • 島根県 ¥740
      • 岡山県 ¥740
      • 広島県 ¥740
      • 山口県 ¥740
    • 四国

      • 徳島県 ¥740
      • 香川県 ¥740
      • 愛媛県 ¥740
      • 高知県 ¥740
    • 九州

      • 福岡県 ¥810
      • 佐賀県 ¥810
      • 長崎県 ¥810
      • 熊本県 ¥810
      • 大分県 ¥810
      • 宮崎県 ¥810
      • 鹿児島県 ¥810
    • 沖縄

      • 沖縄県 ¥1,800

※¥5,500以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • Sotlight/小池葉月 トートバッグ ゴッホ【Creator’s Project002】
    ¥3,300
  • 西田真菜 トートバッグ ゴッホ【Creator’s Project002】
    ¥3,300
  • すずはる トートバッグ ゴッホ【Creator’s Project002】
    ¥3,300

ショップの評価