• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

書籍「脳から見るミュージアム アートは人を耕す」

¥946

再入荷のお知らせを希望する

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「bijutsu.co.jp」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「bijutsu.co.jp」を許可するように設定してください。

*こちらの商品はネコポス対応です。
システムの都合上、日時指定ができる設定となっていますが、
ネコポス配送はポスト投函となりますので日時指定ができません。
恐れ入りますが日時指定をされたい方はヤマト配送をご指定ください。
---------------------------------------------

サイズ:17.5×11㎝
著書:中野 信子 (著), 熊澤 弘 (著)
出版社:講談社 (2020/10/21)
単行本(ページ):224ページ

●ミュージアムショップのスタッフが厳選するオススメ美術書
店頭で人気の美術書を、スタッフのコメントと共におすすめいたします!
みなさまのおうち時間が充実しますように。


脳に効く「美」を求めて
------------------------------------------------------------------------
ウィズ・コロナの新しい生き方を模索し始めた今こそ、私たちに必要な、脳に効く「美」を求めて、ぜひミュージアムに出かけてみてはいかがだろうか?

実は、ミュージアムは「美」が展示されているだけの場所ではない。知れば知るほど、とてつもなく奥が深い世界なのだ。人類の記憶のアーカイブに潜っていくような、(良い意味での)妖しさ、ヤバさがある。

東京藝大には大学美術館があるが、大学美術館准教授の熊澤弘先生はいわば「ミュージアムの達人」で、世界のミュージアムの成り立ち、展示、ミュージアムの持つ資料から博物館学の実習に至るまで、私が教えを乞うている先生の一人である。

ここからは熊澤先生の力をお借りして、仮想ゲームのミュージアムよりも、リアルなミュージアムこそがはるかに熱いのだ――ということを読者の皆さんと一緒に体験していきたい。言ってみれば、探検家・中野信子が、案内人・熊澤弘先生とともに、ミュージアムの深遠なる魅惑の世界に分け入っていこうというわけだ。

この「探検本」を読み終えるころ、読者の皆さんは、世界各地のミュージアムの歴史やそこに所蔵された作品の面白さはもちろんのこと、その舞台裏で静かに働いている学芸員の役割やアートの鑑賞術などの基礎知識も身につけているはずだ。

ミュージアムは、入る前と後とで物の見方が変わる体験ができる場所だと思うが、この基礎知識を身につけることで、ミュージアムに行く体験自体がこれまでよりもより深まるかもしれない。 (中野信子)

<主な内容>
はじめに ミュージアムは脳に似ている(中野信子)
第1章 ミュージアムの誕生:その華麗にして妖しい魅力に満ちた世界
はじまりは「驚異の部屋」/記憶の三段階/コレクターと「絶対美感」/美術品は誰のものか
第2章 ミュージアム、その陰の部分:論争・ワケあり・ヤバいもの
ナチスに翻弄されたコレクション/マインド・パレスを支配する/学芸員の使命/大量殺人犯の作品の展覧会
第3章 実際に鑑賞してみる:どんな作品をどのように観たらよいか?
中村キース・ヘリング美術館の感性/金沢21世紀美術館の賢さ/正しい鑑賞法なんてないか?/ルーヴル美術館で遭難しかける
第4章 これからのミュージアム体験:アートはなぜ必要なのか?
アフター・コロナの課題/現代アートはわかりにくい?/アートが社会にもたらす絶大な効果
おわりに 日本は世界に類を見ないミュージアム大国(熊澤弘)


ミュージアムショップスタッフ【田中】より
------------------------------------------------------------------------
「興味をそそる題名」

脳科学者の中野信子さんと東京大学大学美術館准教授の熊澤弘さんが美術館の歴史や在り方、学芸員のこと、美術館について幅広く分かりやすく、対談形式で書かれています。
昨年コロナウイルスの大流行により多くの美術館が長期休館になり、その際「芸術・文化は不要不急か」という記事を何度も目にしました。
たしかに、美術館は生きる上で明日必ずしも必要なものではないかもしれないですが、10年、50年、100年先の未来の為に残していかなければいけない必要な文化遺産だということを再認識させられる一冊です。


著者
------------------------------------------------------------------------------------------
中野 信子
1975年、東京都生まれ。脳科学者、医学博士、認知科学者。東京大学工学部卒業。同大学院医学系研究科博士課程修了。フランス国立研究所ニューロスピンに勤務後、帰国。現在、東日本国際大学教授。著書に『サイコパス』(文春新書)、『キレる!』(小学館新書)、『悪の脳科学』(集英社新書)、『空気を読む脳』(講談社+α新書)ほか多数。

熊澤 弘
1970年生まれ。東京藝術大学大学美術館准教授。西洋美術史、博物館学が専門。日本国内外の美術展覧会に監修として関わる(「日本が愛した印象派」展<2015年、ドイツ連邦共和国美術展示館>、「ミラクル エッシャー展」<2018年>ほか)。『レンブラント 光と影のリアリティ』(角川文庫)他編著書多数。

※この商品は最短で10月4日(月)頃にお届けします。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。 配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 ¥750
    • 東北

      • 青森県 ¥640
      • 岩手県 ¥640
      • 宮城県 ¥640
      • 秋田県 ¥640
      • 山形県 ¥640
      • 福島県 ¥640
    • 関東

      • 茨城県 ¥640
      • 栃木県 ¥640
      • 群馬県 ¥640
      • 埼玉県 ¥640
      • 千葉県 ¥640
      • 東京都 ¥640
      • 神奈川県 ¥640
      • 山梨県 ¥640
    • 信越

      • 新潟県 ¥640
      • 長野県 ¥640
    • 北陸

      • 富山県 ¥640
      • 石川県 ¥640
      • 福井県 ¥640
    • 東海

      • 岐阜県 ¥640
      • 静岡県 ¥640
      • 愛知県 ¥640
      • 三重県 ¥640
    • 近畿

      • 滋賀県 ¥640
      • 京都府 ¥640
      • 大阪府 ¥640
      • 兵庫県 ¥640
      • 奈良県 ¥640
      • 和歌山県 ¥640
    • 中国

      • 鳥取県 ¥740
      • 島根県 ¥740
      • 岡山県 ¥740
      • 広島県 ¥740
      • 山口県 ¥740
    • 四国

      • 徳島県 ¥740
      • 香川県 ¥740
      • 愛媛県 ¥740
      • 高知県 ¥740
    • 九州

      • 福岡県 ¥810
      • 佐賀県 ¥810
      • 長崎県 ¥810
      • 熊本県 ¥810
      • 大分県 ¥810
      • 宮崎県 ¥810
      • 鹿児島県 ¥810
    • 沖縄

      • 沖縄県 ¥1,800
  • ネコポス

    ネコポスはポストへのお届けです。日時指定はできません。

    全国一律 ¥390

※¥5,500以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 大人のための美術鑑賞セット(Art Voyageシリーズ)
    ¥2,200
  • 書籍「マンガでわかる「西洋絵画」の見かた」
    ¥1,760
  • 書籍「名画の中の料理」
    ¥2,420

ショップの評価