• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

草間彌生 手ぬぐいかぼちゃ イエロー

¥ 1,320

*こちらの商品はネコポス対応です。
システムの都合上、日時指定ができる設定となっていますが、
ネコポス配送はポスト投函となりますので日時指定ができません。
恐れ入りますが日時指定をされたい方はヤマト配送をご指定ください。
---------------------------------------------

作品名:かぼちゃ イエロー
サイズ:35×89.5cm
素材:綿100%
※この商品は手染めのため若干の柄ズレや鮮明さの異なりがあります。多少の色落ちがあり、水分を含むと他のものに色移りする事がありますのでご注意ください。小さなお子様の手の届かない場所へ保管下さい。


鮮やかな手ぬぐい
------------------------------
草間彌生のロングセラーアイテム「かぼちゃ 手ぬぐい」は、通常の手ぬぐいとして使うのは勿論のこと、テーブルセンター用のクロスやタペストリーとして飾っても素敵な手ぬぐいです。また最近では、ボトルラッピングにも良く使われています。

カラータイプは、これぞまさにカボチャ色というこっくりとした黄色の生地に黒色でプリントしたタイプと、目に鮮やかな赤色プリントがデザインをよりスタイリッシュに見せているタイプの2種類。いろいろ使えるアートな手ぬぐい、是非この機会にお求めください。

作品
----------------------------------------
南瓜

草間彌生がかぼちゃをモチーフとして使用し始めたのは、主に90年代から。MOMA P.S.1での「インフィニティ・ミラーズ」の展示に、淡く発光するかぼちゃのオブジェが用いられたことを皮切りに、草間が生涯にわたって用い続ける水玉模様を施したかぼちゃのモチーフが台頭するようになりました。

草間彌生は、かぼちゃのモチーフに惹きつけられる理由について、かぼちゃがどれ一つを取っても私たちと同じように同じ形のものがないこと、そして愛嬌があり気取りがなく、どっしりとしたフォルムであるということを述べています。また、かぼちゃのモチーフは草間自身の自画像の一種として使用されるという説も。

しかし、草間彌生のかぼちゃの作品で最も有名なのはその巨大な彫刻作品である「南瓜」ではないでしょうか。2017年に国立新美術館で開催された個展『草間彌生 わが永遠の魂』でも展示され、そのフォトジェニックな存在感に老若男女が夢中になりました。

今でも、常設展示として巨大なかぼちゃの彫刻は瀬戸内海の直島に設置されており、いつでも見に行くことができます。


作家
----------------------------------------
草間 彌生 1929年(昭和4年)3月22日 -

日本の芸術家。長野県松本市生まれ。
幼い頃から悩まされていた幻覚や幻聴から逃れるために、それらの幻覚・幻聴を絵にし始めた。

草間彌生のいくつかの作品は、水玉模様などの同一のモチーフの反復によって絵画の画面や彫刻の表面を覆うことが特徴の一つである。合わせ鏡を用いて光やオブジェを無限に広がるように見せるインスタレーションや、カボチャをモチーフにした作品もしばしば見られる。
また、ファッションデザインや小説執筆などの活動も行う。

1957年に渡米すると絵画や立体作品の制作だけではなく、鏡や電飾を使用した環境彫刻やソフトスカルプチャーといった立体作品や、ボディペインティングやファッションショーを通しての反戦運動、「ハプニング」と称した多数のパフォーマンスなど、NYを拠点に数々の作品を生み出し1960年代には「前衛の女王」の異名をとった。
また近年では、世界各国で開催されている展覧会が美術館の来場者数記録を次々と更新し、待望の草間彌生美術館が新宿にオープンするなど、今や世界中で話題の存在となっている。

少女時代
----------------
1929年3月22日、長野県松本市の種苗業を営む4人兄弟の末っ子として生まれた草間彌生は幼い頃から草木をスケッチするなど絵を描くことに夢中になっていたそう。感性と才能に恵まれ裕福な家庭で育った彼女はさぞかし恵まれていたように思えますが、実は両親は不仲でした。養子婿だった父親は女性関係が派手で、彼の浮気グセは草間の母親だけではなく、子供たちにも悪影響を与えるほどだったとか。

 夫の度重なる浮気によるストレスや戦前の封建的な時代が原因で子供たちに辛くあたりがちだった母親は、草間の芸術的才能を育もうとするばかりか、女性が絵を描くことは“よい妻になる”ことに何の役にも立たないとし、彼女が描いた絵をビリビリと破くこともあったそうです。


大型絵画シリーズ「わが永遠の魂」
--------------------------------------------
2009年からは大型絵画シリーズ『わが永遠の魂』の創作を開始。

国立新美術館で行われた展示では、その中から132点を日本初公開。絵画、彫刻、インスタレーション、映像、小説や詩、さらに屋外に出現する巨大な『南瓜』は自由に写真撮影可能となるなど、全館が草間ワールド一色になりました。

どの時代の草間作品にも共通するのは、愛、平和、生と死、宇宙といったテーマが時間や空間を越えて普遍的であること。そしてそれぞれの作品の有り様がとても直接的かつ直感的で、観る人にダイレクトに訴えかける力が強いところ。

「子どもの頃のみじめな思い、人生の苦しさ、足踏みをしていた時代を思うと、私の芸術を評価し認めてくださることに感謝の気持ちでいっぱいです。私が死んだ後も、どうぞ私の創造への意欲と、芸術への希望と情熱を、ひとつでも汲んでいただければこれに勝る喜びはありません。みなさんの精神的な悩み、人生に対する悩みがあった時に、ぜひ私の生きてきた道をひとつでも見つけていただけたら、本当に嬉しいと思っています」と、展覧会記者発表で草間は涙ながらに語った。

「この世から自分が消えてしまっても、芸術の力は続いていきます」(『水玉の履歴書』内インタビューより)

「自分は宇宙には行けないが、こういうふうに創造している。自分の魂も、このように美しく見えることを願っている」(『IDOL MAGAZINE』2011年インタビューより)

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。 配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 ¥ 750
    • 東北

      • 青森県 ¥ 640
      • 岩手県 ¥ 640
      • 宮城県 ¥ 640
      • 秋田県 ¥ 640
      • 山形県 ¥ 640
      • 福島県 ¥ 640
    • 関東

      • 茨城県 ¥ 640
      • 栃木県 ¥ 640
      • 群馬県 ¥ 640
      • 埼玉県 ¥ 640
      • 千葉県 ¥ 640
      • 東京都 ¥ 640
      • 神奈川県 ¥ 640
      • 山梨県 ¥ 640
    • 信越

      • 新潟県 ¥ 640
      • 長野県 ¥ 640
    • 北陸

      • 富山県 ¥ 640
      • 石川県 ¥ 640
      • 福井県 ¥ 640
    • 東海

      • 岐阜県 ¥ 640
      • 静岡県 ¥ 640
      • 愛知県 ¥ 640
      • 三重県 ¥ 640
    • 近畿

      • 滋賀県 ¥ 640
      • 京都府 ¥ 640
      • 大阪府 ¥ 640
      • 兵庫県 ¥ 640
      • 奈良県 ¥ 640
      • 和歌山県 ¥ 640
    • 中国

      • 鳥取県 ¥ 740
      • 島根県 ¥ 740
      • 岡山県 ¥ 740
      • 広島県 ¥ 740
      • 山口県 ¥ 740
    • 四国

      • 徳島県 ¥ 740
      • 香川県 ¥ 740
      • 愛媛県 ¥ 740
      • 高知県 ¥ 740
    • 九州

      • 福岡県 ¥ 810
      • 佐賀県 ¥ 810
      • 長崎県 ¥ 810
      • 熊本県 ¥ 810
      • 大分県 ¥ 810
      • 宮崎県 ¥ 810
      • 鹿児島県 ¥ 810
    • 沖縄

      • 沖縄県 ¥ 1,800
  • ネコポス

    ネコポスはポストへのお届けです。日時指定はできません。

    全国一律 ¥ 390

※¥ 5,500以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • エジプト パヒュームボトルD ピンク系
    ¥ 1,320
  • 葛飾北斎 扇子 赤富士
    ¥ 2,750
  • 鳥獣戯画 抗菌立体マスク
    ¥ 770

ショップの評価