• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

モネ アートクリップ 睡蓮

¥ 330

*こちらの商品はネコポス対応です。
システムの都合上、日時指定ができる設定となっていますが、
ネコポス配送はポスト投函となりますので日時指定ができません。
恐れ入りますが日時指定をされたい方はヤマト配送をご指定ください。
--------------------------------------

作品名:睡蓮
サイズ:3.4×1.7cm
素材:ステンレス,樹脂
日本製

好きな絵画を身近に
---------------------------------------------
様々な名画を小さくクリップに収めた「アートクリップ」シリーズです。
書類をまとめるときに、事務用のクリップだとありきたりですが、お気に入りの絵画が楽しめるアートクリップなら、きっと作業も楽しくなるはず。

スライド式のクリップは、手で差し込むだけ。
小さくても、しっかり強くとじられます。
手軽に抜き差しでき、繰り返し使用できます。
書類、ハガキ、レシート、お札など、ちょっと束ねたいときに活躍する便利なミュージアムグッズです。


代表作「睡蓮」シリーズ
------------------------
この花瓶に描かれている「睡蓮」は、「印象・日の出」とともにモネの代表作として、多くの人に知られています。
モネは50歳代でフランス北部ジヴェルニーに移り住みましたが、「睡蓮」のモデルとなった池は、その自宅隣に購入した土地に造設した池。
そこを「水の庭」と呼びました。

日本風の太鼓橋を中心とした池と、水面に浮かぶ睡蓮。柳、竹、桜、藤、アイリス、牡丹など、様々な植物が咲き乱れる、幻想的で美しい庭でした。
多数の浮世絵をコレクションし、ジヴェルニーの家にも浮世絵を飾るほど日本美術に魅せられていたモネは、庭にも日本の要素を取り入れていたんですね。

初期は、この橋と池のある空間をひとつの風景として切り取った作品を描いていましたが、次第に光によって変化する水面自体に注目するようになりました。
季節、天候や時間によって表情を変える池に合わせて、何枚も何枚も描いています。

86歳で生涯を終えるまでその庭を描くことに没頭したモネ。
白内障を乗り越え、意欲的に制作したその数なんと約200点!
晩年には、「睡蓮」の大装飾画も8点ほど制作しました。
中には幅17mのものもあり、圧巻です。

なお、モネの自宅と庭は息子に受け継がれ、その後1966年に美術アカデミーに寄贈、修復工事の後、一般公開されています。
実は、日本国内にも、このモネの池から株分けされた睡蓮が見られるところがあるんですよ。


作品
--------------------------------------------------
睡蓮
Water Lilies


作者
--------------------------------------------------
クロード・モネ Claude Monet(1840 - 1926)

印象派を代表するフランスの画家。彼の代表作「印象・日の出」(1872)は、印象派の名前の由来になりました。パリで生まれたモネは、10代から絵の才能があり、アトリエの中で絵を描くことが主流だった時代、屋外で制作活動をしていた風景画家ウジェーヌ・ブーダンとの出会いで外光の魅力を学び、屋外で制作するスタイルを身に付けました。自然の光の表現にこだわり、「筆触分割」と呼ばれるパレットの上で絵具を混ぜずに、細く小さな筆のタッチで絵具を置くように描写する手法を用いて、その美しさの表現を追求しました。その生涯のうちの多くをセーヌ川沿いで過ごし、感じ取るその瞬間をとらえる風景画を数多く残しました。


カフェ・ゲルボワ
------------------------
パリのモンマルトル バティニョール地区 (現在のクリシー街9番地)にあった「カフェ・ゲルボワ」。
1860年代後半、この店は「芸術家たちの溜まり場」でした。
中心となっていたのは、エドゥアール・マネ。当時タブーとされていた裸の現代女性を描いた「草上の昼食」や「オランピア」で、センセーション(今でいう大炎上!)を巻き起こしていた画家です。
この店は、そのマネのアトリエからほど近くにあったこともあり、時代の先を行く彼を支持する若い芸術家たちが夜な夜な集い、新しい芸術について激論を戦わせていたのです。

そのメンバーは、今振り返るとなんとも豪華な顔ぶれ!
マネを中心に集まっていたのは、ドガ、ピサロ、セザンヌ、バジール、ルノワール、シスレーなどの画家を始め、作家のエミール・ゾラ、批評家、彫刻家、版画家、写真家などなど。もちろん、モネもその中の一人でした。
その頃すでに注目されていたマネとドガが芸術論を戦わせており、20代の若手画家だったモネやルノワールはその話を熱心に聞き入っていたとか。

「カフェ・ゲルボワ」での意見交換は、この後に生まれる「印象派」の礎となり、モネは

「際限なく意見を戦わすこうした「雑談』ほど面白いものはなかった。そのおかげで、我々の感覚は磨かれ、何週間にもわたって熱中することができ、そうして意見をきちんとまとめる事ができた。」

と語っています。


印象派の始まりは酷評!?
------------------------
アート好きなら知らない人はいない(!?)「印象派」。
その名前は、モネの代表作「印象・日の出」(1872)に由来すると言われています。

サロンに落選していたモネは、独立した自由な発表の場を求め、自らの手で展覧会を開こうと模索したのが始まりでした。
1874年、モネが同じ志の仲間たちと開催したその展覧会こそが、のちの第一回印象派展となるグループ展。
モネのほかに、ドガ、ピサロ、ルノワール、シスレーなど30人以上の画家が参加しました。

モネは、故郷ル・アーヴルの港を描いた「印象・日の出」を出品しましたが、当時写実主義が高く評価されていた時代、その異端な作品は酷評されてしまいました。

―――批評家のルイ・ルロワが、新聞紙『ル・シャリヴァリ』に載せた言葉。

「印象か。確かにそうだと思った。私も印象を受けたんだから。つまり、その印象が描かれているというわけか。だが、なんて自由で、なんといういいかげんさ。この海の絵よりも作りかけの壁紙の方が、よっぽどましだ。」

その揶揄がもとで、彼らは「印象派」と呼ばれるようになりましたが、その呼称はいつしか受け入れられ、画家たち自身も使うようになりました。

※この商品は最短で12月9日(水)頃にお届けします。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 750円
    • 東北

      • 青森県 640円
      • 岩手県 640円
      • 宮城県 640円
      • 秋田県 640円
      • 山形県 640円
      • 福島県 640円
    • 関東

      • 茨城県 640円
      • 栃木県 640円
      • 群馬県 640円
      • 埼玉県 640円
      • 千葉県 640円
      • 東京都 640円
      • 神奈川県 640円
      • 山梨県 640円
    • 信越

      • 新潟県 640円
      • 長野県 640円
    • 北陸

      • 富山県 640円
      • 石川県 640円
      • 福井県 640円
    • 東海

      • 岐阜県 640円
      • 静岡県 640円
      • 愛知県 640円
      • 三重県 640円
    • 近畿

      • 滋賀県 640円
      • 京都府 640円
      • 大阪府 640円
      • 兵庫県 640円
      • 奈良県 640円
      • 和歌山県 640円
    • 中国

      • 鳥取県 740円
      • 島根県 740円
      • 岡山県 740円
      • 広島県 740円
      • 山口県 740円
    • 四国

      • 徳島県 740円
      • 香川県 740円
      • 愛媛県 740円
      • 高知県 740円
    • 九州

      • 福岡県 810円
      • 佐賀県 810円
      • 長崎県 810円
      • 熊本県 810円
      • 大分県 810円
      • 宮崎県 810円
      • 鹿児島県 810円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,800円
  • ネコポス

    ネコポスはポストへのお届けです。日時指定はできません。

    全国一律 390円

※5,500円以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • びじゅチューンスタンプL 浪裏
    ¥ 880
  • びじゅチューンスタンプL 鳥獣戯画
    ¥ 880
  • びじゅチューンスタンプL オフィーリア
    ¥ 880