• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

大人のための美術鑑賞セット(Art Voyageシリーズ)

¥2,200

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「bijutsu.co.jp」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「bijutsu.co.jp」を許可するように設定してください。

「大人のための美術鑑賞シリーズ」

私たちミュージアムショップスタッフが企画・発行した、美術館に訪れる人すべてにお届けしたい、お手軽な美術鑑賞ブック&記録ノートとバッグのお得なセットです。
レッスンBookで絵との向き合い方を学んだら、実際の美術館に行って、観て感じたことを記録しますです。
ミュージアムバッグは、貴重品と一緒に書籍と手帳がぴったり入るサイズ!
バッグに、書籍と手帳・貴重品をいれて展覧会を楽しんでいただこうというコンセプトで企画されました。
美術鑑賞のお供にオススメです。

1.読んで ~美術鑑賞が楽しくなるヒント満載
書籍「五感をひらく10のレッスン 大人が愉しむアート鑑賞」
サイズ:新書判 10.5×18.5×1㎝(96ページ オールカラー)
執筆・監修:上野行一
出版社:株式会社美術出版社

2.書いて ~鑑賞のために開発された使いやすいノート
「鑑賞手帳 Art Diary」 
サイズ:新書判 10×18.2×1.5cm
素材:紙
鑑賞記録48P(24回の展覧会鑑賞記録ができます)、ノート 33P(横罫8mm)
※展覧会チケットが入るポケット付
マルマン株式会社製

3.持って展覧会へ ~大事なものだけここに入れて身軽に鑑賞
「ミュージアムバッグ」
サイズ:本体30×20×マチ10cm 持ち手長さ30×幅2.5㎝ 容量約3.5リットル
素材:ポリエステル100%


重たい荷物は美術館内のロッカーに入れて身軽に鑑賞するのも、展覧会を楽しむコツです。


もっと早く知りたかった美術の楽しみ方!
---------------------------------------------
●美術館で解説を読まないとちゃんと作品を鑑賞した気がしない…
●イヤホンガイドの説明がないと不安だわ…
●私の見方は正解かしら…?
●子どもと一緒に作品を楽しむにはどうしたらいいの?

展覧会場でこんな思いをされた方に届ける、大人のための美術鑑賞の入門セット。
もちろん、親御さまからお子様へ、美術の楽しみ方をレクチャーするための導入として、素敵なサポートもできるでしょう。

せっかくチケットを買って、オシャレして美術館に行くのであれば、展覧会を100%楽しみ尽くしたい!
アートを鑑賞する際に役立つ見方のヒントを、わかりやすい10のレッスンで楽しく知ることができます。


------------------------------------------------------------------------------------------
【書籍のご案内】「五感をひらく10のレッスン」
------------------------------------------------------------------------------------------

基本の4ステップ
---------------------------------------------
本書は、名画・名作とともに4つのステップで構成されています。

1.「みる」
2.「言葉にする」
3.「考える・想像する」
4.「自分とつないで整理する」

それぞれのステップは、執筆者とのQ&Aのように進んでいきます。

第1章 :美術館でよくみかける作品を「風景」「人物」「静物」に分け、「きれいね」「おもしろいね」で終わらせない楽しみ方を紹介。
第2章 : 思わず「コレ、なに?」と首をかしげてしまう不思議な作品を、知識に頼らずに五感を働かせて楽しむ方法を紹介。
第3章 : 「美術館で出会う意味不明なコト&コトバ」など、作品をみる上で役に立つトリビアや、気軽にアートを楽しめるおすすめ映画や書籍、美術館を紹介。

手軽に持ち運べる手帳サイズのコンパクトな書籍。
美術館で実際の作品を前にしながら、見方のコツがおさらいできます。
どんな作品でも応用できる「見方のヒント」が満載の本書。
展覧会に行く前にぜひ一読していただきたい一冊です。


著者
---------------------------------------------
上野行一
大阪府生まれ。帝京科学大学教授。広告デザイナー、公立学校教諭、高知大学教育学部教授を経て2010年より現職。著者に『私の中の自由な美術』(光村図書、2011年)など。NHK高校講座「芸術(美術I)」の番組監修を務める。光村図書中学校・高等学校『美術』教科書の著作者でもある。


Content
---------------------------------------------
Chapter 1.「みる」を知りましょう
 レッスン1 キレイで終わっていませんか?
 レッスン2 風景
 レッスン3 人物
 レッスン4 静物
Chapter2.「コレ、なに?」
 レッスン5 なにが描いてあるの?
 レッスン6 ただの模様じゃないの?
 レッスン7 カタチが変わる~
 レッスン8 組み合わせがヘン!
 レッスン9 ガラクタとどう違うの?
 レッスン10 作品探しの旅へ
Chapter3.作品鑑賞がグッと深まるトリビアたち


------------------------------------------------------------------------------------------
【記録ノートのご案内】「鑑賞手帳 Art Diary」
------------------------------------------------------------------------------------------

ステップ1.絵と向き合ってみましょう
---------------------------------------------
「美術鑑賞」というと解説を聞いたり読んだりして、「わかる」ことが大切と思っていませんか?
大人のための美術鑑賞シリーズの鑑賞レッスン書籍「五感をひらく10のレッスン」(別売)では、頭でっかちにならない視点を変えた鑑賞レッスンをご紹介。
思わず「コレ、なに?」と首をかしげてしまう不思議な作品も、知識に頼らずに五感を働かせて楽しめます。
そこではまず、作品と向き合うことから始めましょう。


ステップ2.作品を観たら記録してみましょう
---------------------------------------------
その鑑賞レッスンでは、
作品をじっくりと見て、聞こえてくることや感じたことなどを言葉にしていきます。
考えたことを記録すると、自分の見方や考え方も整理できるのです。
展覧会で気になる作品があれば、ぜひこの手帖に自分の言葉でメモしてみてください。
それが、鑑賞することなのです。


ステップ3.どうやって使いましょうか
---------------------------------------------
左ページには、以下の項目が記せるようになっています。

・日付
・展覧会名
・会場
・作品名
・第一印象は?
・もっとよく観てみたら?(思ったこと、気付いたこと)
・あなたのお気に入り度☆☆☆☆☆

使い始めは、展覧会場で左ページの項目に書き込みしていくのがオススメです。
慣れてきたら、右のフリーページ(罫線なし)に作品を見て考えたことや気付いたことを、文字やスケッチで自由にメモしましょう。
ノートの後ろ33ページ分の罫線ありノートページは、自分ならではの記録として、ご自由にお使いください。
チケットを入れるポケットもついていて、便利ですよ!


使い方はイロイロ
---------------------------------------------
・展覧会の基本データは、振り返りにも便利
・展覧会で一番興味を持った作品を一つ選んでみましょう
・その作品の最初の印象をひとことで表すなら?
・作品をじっくり見て、気付いたことや考えたことを言葉にしてみましょう
・他に気になった作品があればここにメモを
・作品のどこに興味をひかれたか、言葉やスケッチでの記録がオススメ
・展覧会全体の感想やカフェで美味しかったもの、ショップでみつけたもののことも記録しておくと楽しい♡


アートな旅のお供にも
---------------------------------------------
昨今、「ビエンナーレ(2年に1度開かれる美術展覧会)」や「トリエンナーレ(3年に1度開かれる美術展覧会)」が、日本各地で行われ、アートファンなら足を運んだ方も多いのではないでしょうか。

そんな時でも、この手軽に持ち運べる記録ノートは、お役に立てるはずです。
記録ページ24作品分と、自由に記録できるノート(罫線あり) 33ページは、一つのトリエンナーレにちょうどよく、1冊使って記録を整理すると振り返りやすく、オススメです。

バッグに「レッスンBook」と「記録ノート」を入れて、アートな旅に出かけてみませんか?


Golden Lily
designed by John Henry Dearle
Photo (C)Brain Trust Inc.

※この商品は最短で10月28日(木)頃にお届けします。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 ¥750
    • 東北

      • 青森県 ¥640
      • 岩手県 ¥640
      • 宮城県 ¥640
      • 秋田県 ¥640
      • 山形県 ¥640
      • 福島県 ¥640
    • 関東

      • 茨城県 ¥640
      • 栃木県 ¥640
      • 群馬県 ¥640
      • 埼玉県 ¥640
      • 千葉県 ¥640
      • 東京都 ¥640
      • 神奈川県 ¥640
      • 山梨県 ¥640
    • 信越

      • 新潟県 ¥640
      • 長野県 ¥640
    • 北陸

      • 富山県 ¥640
      • 石川県 ¥640
      • 福井県 ¥640
    • 東海

      • 岐阜県 ¥640
      • 静岡県 ¥640
      • 愛知県 ¥640
      • 三重県 ¥640
    • 近畿

      • 滋賀県 ¥640
      • 京都府 ¥640
      • 大阪府 ¥640
      • 兵庫県 ¥640
      • 奈良県 ¥640
      • 和歌山県 ¥640
    • 中国

      • 鳥取県 ¥740
      • 島根県 ¥740
      • 岡山県 ¥740
      • 広島県 ¥740
      • 山口県 ¥740
    • 四国

      • 徳島県 ¥740
      • 香川県 ¥740
      • 愛媛県 ¥740
      • 高知県 ¥740
    • 九州

      • 福岡県 ¥810
      • 佐賀県 ¥810
      • 長崎県 ¥810
      • 熊本県 ¥810
      • 大分県 ¥810
      • 宮崎県 ¥810
      • 鹿児島県 ¥810
    • 沖縄

      • 沖縄県 ¥1,800

※¥5,500以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • 書籍「フィンセント・ファン・ゴッホの思い出」
    ¥1,430
  • 書籍「代表作でわかる印象派BOX」
    ¥2,200
  • 「Walls & Bridges 世界にふれる、世界を生きる」展覧会図録
    ¥2,000

ショップの評価