• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

クリムト 七宝ペンダント オーバル シルバー

¥ 5,280

作品:生命の樹(部分)イメージ
サイズ:ペンダントトップ1.7×3.2×0.6(チェーンの長さ43cm)
素材:ペンダントトップ 七宝 
   本体・チェーン ロジウムメッキ
※小箱がついています


クリムトの装飾モチーフをファッショナブルに
------------------------
このクルクルとした渦巻き模様、クリムト好きにはピンときましたよね!
クリムトの代表作「接吻」を含め、様々な作品でクリムトが好んで繰り返し用いられていた装飾モチーフです。
これを、樹木に展開した作品が「生命の樹」、そしてこのネックレスは、その作品をイメージして制作したミュージアムショップならではのアートアクセサリーです。


「生命の樹」の制作
------------------------
「生命の樹」は、19世紀にオーストリアで活躍した画家クリムトの代表的な作品の一つ。
クリムトが43~47歳の頃に制作された作品です。

ブリュッセルに建てられたベルギーの大実業家ストックレー邸の食堂の壁画に描かれた作品で、そのスケッチも残っています。
この「生命の樹」とともに描かれた「期待」、「抱擁」などと共に、「ストックレー・フリーズ」の一作とされています。

デザイナー集団「ウィーン工房」を中心とし、様々な芸術家や職人たちの力を集結して作られたこの邸宅。
クリムトはこの邸宅建築の食堂壁画担当でしたが、建築はもとより、内装や調度品にもお金に糸目をつけずに造れた、芸術家にとっては夢のような制作現場でした。
6年近くかけこだわり続けて出来上がったお屋敷は、芸術的な大豪邸だそうです。

クリムトは、食堂の白い大理石の壁に、テンペラで大きな樹を描きました。
花畑のような美しい大地に根を張る大樹からは、曲がりくねった枝が大きく伸び、その先端は螺旋状に渦巻いています。
壁画ならではのスケールで、何度も繰り返される無数の抽象的モチーフは、とても印象的ですね。


七宝焼きとは?
------------------------
このクリムト絵画をモチーフとしたペンダントトップ部分は、七宝によって表現されているのですが、この「七宝焼き(しっぽうやき)」という伝統工芸をご存知でしょうか。
金・銀・銅などの金属の素地にガラス質の釉薬を盛り彩色し、高温で焼き付ける技法です。
英語では、enamelと呼ばれています。
キッチン用品などで良く聞く「琺瑯(ほうろう)」、それも鉄に釉薬を焼き付けた「七宝焼き」の一種なんですよ。

融けた釉薬は滑らかで、ガラスのように美しい。
宝石のような美術品は、長い時を経ても色あせることなく、輝き続けます。

七宝は、古代エジプト・ツタンカーメン王の黄金マスクの装飾で使われており、この時代が七宝の起源といわれています。
長い時間をかけながらシルクロードを渡り中国へ、中国から日本へ、ちょうど飛鳥時代(6~7世紀)の頃に伝えられたと言われています。
時を経て明治時代に人気に火が付き、盛んに制作された品々は万国博覧会を経て世界からも高い評価をうけていましたが、現在では残念ながら失われてしまった技術も…。
一層、大事に守っていきたい伝統工芸の一つです。

シルバーのペンダントトップに、クリムトの「黄金様式」を思わせる色彩の曲線と、光り輝く宝石のような七宝が映え、とても魅力的なアクセサリーとなりました。

小箱に収められていて、プレゼントにもオススメです。


【作品】
グスタフ・クリムト
『生命の樹』1905-09年
Tree of Life
オーストリア工業美術館蔵

■グスタフ・クリムトGustav Klimt(1862-1918)
19世紀末、ウィーンで活躍したユーゲントシュティール(象徴主義)を代表するオーストリアの画家。ウィーン分離派というグループを立ち上げ、主要メンバーの一人として活躍しました。絵画、壁画、スケッチ、その他さまざまな芸術作品を残しましたが、中でもクリムトの全盛期とも言われる「黄金様式」の金箔を用いた煌びやかな作品が有名です。画風は、日本美術からも影響を受けたと言われ、装飾的な独自の絵画表現で、一世を風靡しました。
クリムトは、主に「女性」を題材とした多くの作品を残しています。その絵画の中の女性は官能的で美しく、ファム・ファタル(宿命の女)を題材とした絵も多く描きました。クリムトが生涯残した作品(油彩・未完含む)は、220点あまりとされています。


ウィーン分離派の設立
------------------------
ウィーン郊外のベル・エポックに、ボヘミア出身の金銀細工師の家に生まれ育ちました。
14歳で美術工芸学校に入学し、21歳まで在籍しましたが、その才能は周囲からも認められるほどでした。
クリムトは、同じ学校で学んだ2歳違いの弟や仲間とともに「芸術家カンパニー」を構え、公共建築の内部装飾を主に手掛けていました。
途中、父や弟を亡くし、悩みながらも、仲間と活動していましたが、転機となったのは、クリムトが35歳になる1897年、保守的で伝統的な「ウィーン美術家協会」を脱退し、新たな芸術を探し求める「ウィーン分離派」を結成したこと。
そして、その初代会長になったことです。
「分離」とは、“伝統的・保守的な芸術からの分離”という意味を持ち、独自路線を追い求め始めたようです。


豪華絢爛な金箔「黄金様式」と晩年
------------------------
1900年代は、まさにクリムトの「黄金時代」。
クリムトの代名詞のような煌びやかな金箔が印象的な「黄金様式」が確立され、抽象的な模様と、装飾的で豪華絢爛な作風の絵画が花を咲かせます。
「ユーディットⅠ」、「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅰ」や「接吻」など、クリムトと言えばこれ!というような代表作の多くがこの時期に誕生しました。

しかし、認められる作品ばかりではなく、現存する最大の壁画として知られる「ベートーヴェン・フリーズ」に対する酷評や、型破りな作品として物議をかもした、ウィーン大学講堂の天井装飾画「哲学・医学・法学」(のちに戦争により焼失)のスキャンダルもあり、1905年に意見の対立で分離派を脱退。
翌年44歳でオーストリア芸術家連盟を結成しました。

1910年代には作品も少なくなり、その作品からは金箔が消え、代わりに鮮やかな色彩を用いた画風へと変わっていきました。
流れゆく新しい時代に対し、自身を憂い、悩んでいた様子が垣間見える記録も残っているそうです。
第一次世界大戦も集結する1918年、病に倒れ、55歳で生涯を閉じました。


生涯愛した女性 エミーリエ
------------------------
クリムトの作品にも、モデルとして登場する彼女。クリムトは生涯独身を貫きましたが、最愛の伴侶といわれているのがエミーリエ・フレーゲ。12歳年下の彼女とは、弟の妻の妹として出逢い、二人は恋に落ちました。
クリムトが死の床で呼んだのもエミーリエの名だったようです。
しかし、クリムトもエミーリエも生涯独身を貫きました。
実は、エミーリエは流行のブティックを経営したり、服のデザインを行うなど、バリバリのビジネスウーマン。
経済的に自立していたからこそ築けた、自由な関係だったのかもしれませんね。
しかも、二人はプラトニックな心の恋愛関係だったとも言われています。純愛!

しかし!その反面、クリムトのアトリエは多くの女性たちで囲まれた派手な環境だったようで、クリムトの死後、名乗り出る愛人たちが続出。
少なくとも14人の私生児が判明したとか!?


ジャポニズムの影響
------------------------
「ジャポニズム」は、19世紀後半から20世紀初頭にかけてヨーロッパ全域、さらにはアメリカをも席巻した一大ブームでした。
1900年の分離派展は、「日本展」が開催されたほど。「日本展」には、ウィーンの実業家が収集した700点近い日本美術品が出品され、日本美術に興味を持っていたクリムトもこの展覧会の開催に尽力したそうです。
クリムト自身も、日本の着物、浮世絵などを集めていたようですね。
クリムトは、作品も日本文化に影響されたと言われていますが、モネやゴッホのようにジャポニズムを直接的に描いたものはなく、額縁や画面に金を用いるというアイデアや落款のようなサイン、装飾モチーフや平面的な構成など、潜在的なものに限られています。
クリムトはその異国文化を自分の中で消化し、自分の独自スタイルを模索していた、ということかもしれませんね。

※この商品は最短で10月29日(木)頃にお届けします。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 750円
    • 東北

      • 青森県 640円
      • 岩手県 640円
      • 宮城県 640円
      • 秋田県 640円
      • 山形県 640円
      • 福島県 640円
    • 関東

      • 茨城県 640円
      • 栃木県 640円
      • 群馬県 640円
      • 埼玉県 640円
      • 千葉県 640円
      • 東京都 640円
      • 神奈川県 640円
      • 山梨県 640円
    • 信越

      • 新潟県 640円
      • 長野県 640円
    • 北陸

      • 富山県 640円
      • 石川県 640円
      • 福井県 640円
    • 東海

      • 岐阜県 640円
      • 静岡県 640円
      • 愛知県 640円
      • 三重県 640円
    • 近畿

      • 滋賀県 640円
      • 京都府 640円
      • 大阪府 640円
      • 兵庫県 640円
      • 奈良県 640円
      • 和歌山県 640円
    • 中国

      • 鳥取県 740円
      • 島根県 740円
      • 岡山県 740円
      • 広島県 740円
      • 山口県 740円
    • 四国

      • 徳島県 740円
      • 香川県 740円
      • 愛媛県 740円
      • 高知県 740円
    • 九州

      • 福岡県 810円
      • 佐賀県 810円
      • 長崎県 810円
      • 熊本県 810円
      • 大分県 810円
      • 宮崎県 810円
      • 鹿児島県 810円
    • 沖縄

      • 沖縄県 1,800円

※5,500円以上のご注文で国内送料が無料になります。

Related Items

  • クリムト 七宝ペンダント オーバル ゴールド
    ¥ 5,280
  • クリムト 七宝ペンダント スクエア ゴールド
    ¥ 5,280
  • クリムト 七宝ペンダント スクエア シルバー
    ¥ 5,280